ビジネス・ブレークスルー大学オープンカレッジ リーダーシップ・アクションプログラム
ビジネス・ブレークスルー大学オープンカレッジ リーダーシップ・アクションプログラム

本プログラムのコアコンセプト

真のリーダーとして、確固たる軸(BE)を身につけるプログラム

一戦後日本が初めて経験する先の見えない国難の時代。
リーダーに求められる資質は大きく変わった

リーダーシップとは、上に立つ者が自分の考えや主張を部下に押し付けることではない。
そもそもリーダーは万能ではないし、あらゆる知識を持っているわけではない。
むしろ自分以上の知識や能力を備えた人材を選び抜いて部下としてそばに置き、
彼らが上司(すなわち自分) の判断にも異を唱えられるような有機的なチームを作る能力こそが求められる。
そんな優秀な部下たちをマネージし、彼らの意見を聞いた上で、総合的に判断して結論を下す。
それがリーダーのあるべき姿だと思う。

リーダーの条件が変わった
/大前研一著

答えのない時代、ロジックやフレームを振りかざすだけでは人は動きません。
目標や課題に対して自ら明確なビジョンと行動指針を示し、戦略的に組織をまとめ、如何に多様な人々を心から動かし、結果を出し続けられるか。
人をリードする上で必要な、『スキル』も大切ですが、まずは己を知り、行動の源泉となる確固たる軸(BE)を自らの言葉で語れることが重要となります。

リーダーに必要なのは『スキル』と『シップ』

リーダーが組織を統率するために、誰かのやり方や知識などのスキルを身につけただけでは真のリーダーにはなれません。
実践を通して考え方(考える軸)を学ぶことで、どんな場面でも応用できる力を身につけることが重要です。
この考える軸をLAPでは『BE』と呼んでいます。

「シップ」と「スキル」獲得に必要な「Be・Know・Do」

日本初、世界のリーダーが絶賛する「ウエストポイント」との共同開発プログラム

ドラッガー、ウェルチが「最も優れている」と評するウエストポイントのプログラムをもとに開発。

本プログラムは、ウォルマートやGE、コカ・コーラなどのアメリカ優良企業の経営層に人材を多数輩出している「ウエストポイント(米国陸軍士官学校)」 のプログラムをベースとして開発されました。
その理由は、生死を左右する戦場で自ら判断し行動する力と、部下の模範となりリードする軍師官の力こそが、不確実な時代の民間企業にとって必要なものだからです。本プログラムは、ウエストポイントのリーダー教育の精神とコンピテンシーと手法を取り入れ、日本のビジネスパーソン向けに開発されています。

ウエストポイント米国陸軍士官学校、行動科学リーダーシップ学部学部長
トーマス・コルディッツ氏からのメッセージ

少年のころから、私は日本人の強さと不屈の精神を尊敬し称賛してきた。
人々を指揮するだけでなく、自ら大きな犠牲を払いリードしようとする英雄的なリーダーたちのことだ。リーダーシップの最良の模範は、人々のために自ら犠牲となることに示される。
私の著作『危急存亡時のリーダーシップ』(In Extremis Leadership、渡辺博訳)が初めて他の言語に翻訳されたのは、日本語だった。渡辺と私は、危急的状況のなかで示される勇気と犠牲的リーダーシップが日本人に合っているのではないかと感じていた。私の著作が日本語となったことを、たいへん光栄に思う。2011年3月11日、日本が自然災害に襲われる様子を世界が見つめた。地震と津波による大規模な破壊に遭遇した歴史は、米国にはない。
私の心は日本の人々のために痛んだが、人々がこの苦難に対して立ち上がるだろうと信じていた。
津波の恐怖と悲劇のなかで、日本と日本の多くのリーダーの不屈の精神と復活の力が世界に示された。日本は前よりも強く逞しくなるだろう。

大前研一が考えるリーダーの条件

ビジネス・ブレークスルー大学の学長であり、LAPの総監修である大前研一は、「リーダーの3つの条件」として次の3つの力を定義しています。

大前研一が考えるリーダーの条件
方向付けをする

【ビジョン構想力】

方向付けをする

世界の本質的な変化を理解したうえで、factに基づいた分析を行い、組織の方向性を戦略的に決め、ビジョンを打ち出す事が出来る力。

組織をつくる

【組織構築力】

組織をつくる

組織の能力を正確に理解したうえで、ビジョン実現のために必要な組織能力を構築できる力。

物事を成し遂げる

【人を動かす力】

物事を成し遂げる

人を動かして、結果を出すことができる力。 その上で必要になるのが、「コミュニケーションスキル」と「チームビルディングスキル」。

これら3つの力を体系化するのが自分流のリーダーシップである【軸】です。

リーダーが組織を統率するために、誰かのやり方や知識などのスキルを身につけただけでは真のリーダーにはなれません。実践を通して考え方(考える軸)を学ぶことで、どんな場面でも応用できる力を身につけることが重要です。この考える軸をLAPでは『BE』と呼んでいます。

お申込み・お問い合わせ

ビジネス・ブレークスルー大学オープンカレッジ リーダーシップ・アクションプログラム
Copyright (c) Business Breakthrough inc. All Rights Reserved